Vite Japan

2022年8月16–31日

著: Vite Biz Dev Comms

プロジェクトアップデート

取引所がViteのネットワークアップグレードをサポート

前回の隔週レポートでお伝えしたように、Viteは7回目のメインネットアップグレード「Uranus」に突入します。いくつかの取引所は、このアップグレードを公にサポートすることを共有しています。下記をご覧ください。

Vite Passport 動画

Viteの最高製品責任者であるBlackey Houが、Vite Passportの短い動画とスニークピークをシェアしました。ご感想をお聞かせください。

キーアクティビティ

Vite コミュニティ AMA

--

--

著: Joel Yang

概要

7回目の Vite メインネット アップグレード “Uranus” が登場します。 このアップグレードは主に ViteX のコントラクトを対象としています。

アップグレードの詳細は以下の通りです。

Go-vite はベータ版 V2.12.0-rc2 でリリースされます。すべてのノード (SBP とフルノードの両方) は、テストのためにベータ版へアップグレードすることをお勧めします。 すべてのテストが完了すると、正式バージョンV2.12.0 がリリースされます。

新機能

ViteX マーケットオーダー

ユーザーは、価格を設定することなく、希望の売り数量や金額を設定することができます。取引は最良の市場価格から注文が完了するまで実行されます。良好な取引環境を確保するため、成行買い注文には最低・最高金額の制限があり、成行売り注文には最低・最高ボリュームの制限があります。

注文の有効期限

これまで、発注された注文は30日以内に処理されないと自動的にキャンセルされていました。今回のバージョンアップで、この30日という制限がなくなり、新規注文が自動的にキャンセルされることがなくなりました。

DEX内転送

DEX FundContract: Transferメソッドを追加し、あるアドレスから別のアドレスへ直接トークンを転送できるようにしました。

最適化

Onroadトランザクションは、メモリではなくlevelDBに保存されます。

RPC API アップデート

  1. ledger_getVmLogsByFilter: デフォルトでページ分割され、fromHeightが0になると生成ブロックではなく最新ブロックになります (doc)
  2. dexFund_GetAllTradePairs: すべての取引マーケット情報を取得します

--

--

2022年6月16–30日

著: Vite Biz Dev Comms

プロジェクトアップデート

トークンロックとクォータ取得のTwitterスレッド

先日、トークンロックがViteネットワークに対するサービスプロバイダの確実性をどのように実現するかというスレッドを共有しました。ロックが重要なのは、インフラ維持のコストについてこのような確実性を確保することが、時にはコスト削減よりも重要だからです。

この仕組みについては、以下のツイートスレッドで詳しくご紹介しています。

また、Viteエコシステムの重要な側面の1つであり、他のプロジェクトから私たちを特別なものにしているQuotaを取得することについての別のスレッドがあります。 以下のスレッドを読んでください。

新しいViteアプリのチュートリアル

Vite Community Manager の Andrew が、Vite Appの使い方についてチュートリアルを作成してくれました。下記よりご覧ください。

Cross-Chain Withdrawal

Lock Vite for Quota

On-Chain Deposit

On-Chain Withdrawal

--

--